岐建の事業

ホーム岐建の事業環境事業

環境事業

環境への配慮に関する取り組みは、今や必須事項ともなっています。岐建もこれまで、建設業を通して、あらゆる環境への取り組みを行ってきました。そして、これからも地球にやさしい企業であるため、挑戦を続けていきます。

美濃加茂エネルギーファーム

美濃加茂エネルギーファームとは・・・岐阜県美濃加茂市に建設された、太陽光発電施設です。
平成24年7月1日に施行された「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」、いわゆる固定価格買取制度を受けて、全国的に再生可能エネルギーの導入が図られています。そんな中、美濃加茂エネルギーファームは、 平成26年1月24日に開所、20 年間の運営を予定しています。
環境にやさしい再生可能エネルギーである太陽光発電と農業を融合させた、新たな取り組みを行っています。

太陽光発電事業

太陽光発電事業とは・・・

太陽などの光エネルギーを電気に変える装置を「太陽電池」といいます。その太陽電池を組み込んだ太陽光パネルを敷地いっぱいに並べます。それにより発電した電力を電力会社に売電することにより収益を得ます。

美濃加茂エネルギーファームの発電量はどのくらい?一般家庭の約450世帯分の電気をつくります。 最大出力230Wの太陽光パネルを6,500枚使用しています。(最大出力 1,495kW)
年間の発電量は、約191万7000kWhです。これは一般家庭の約530世帯分の年間需要に相当します。

農業事業

農業事業ってなにするの?
太陽光パネル下で、半日陰に適した植物を栽培し、販売を予定しています。
植物の中には、太陽の光をそれほど必要としない植物、1日のうちの3〜4時間日が当たれば十分なもの、直射日光の当たらない明るい日陰を好むものなど、半日陰に適した植物が数多く存在しています。
私たちは、そのような植物に注目し、太陽光発電と組み合わせることで、太陽光パネル下の空間の有効利用と、新たな事業への挑戦、またその農業を通して、地域との交流を深めていきたいと考えています。
eco5.jpg
サカキ
eco6.jpg
千両

地域交流
eco7.jpg
加茂農林高校との共同研究
日照やその他あらゆる条件の中で、比較栽培による今後の栽培方法の検討や、それ以外の植物の栽培の可能性を探求しています。
eco8.jpg
可茂特別支援学校との就労支援活動
実際に現地にて、植物の管理を行ってもらい、これを通じて、コミュニケーション能力等、卒業後の就労に必要な力を身に付けるための場として提供していきます。
アクセス・連絡先

美濃加茂市牧野字小林 2099 番 1 の一部
美濃加茂エネルギーファーム管理事務所
担当者:柘植、堀、堀田、青井
TEL: 0574-42-8867
※事務所に不在の際は、岐建(株)建築部に自動転送されます。
小中学校団体の見学を希望される方へ
環境教育を目的とした、小中学生対象の見学会の受け入れを行っています。

小中学生の見学者の受け入れを行います。(団体申し込みのみの受付になります。) 発電所の概要および事業内容についての説明をさせて頂いた後、物見台から見学していただきます。物見台には発電量が分かる電子看板を設置しており、発電所の様子が分かるようになっています。

物見台
物見台
電子看板
電子看板

見学を希望される方は、上記美濃加茂エネルギーファーム管理事務所宛にご連絡ください。
その他、一般・法人の見学を希望される方へ

施設開所に伴い、たくさんのお問い合わせを頂きまして、誠に光栄に存じます。
申し訳ございませんが、法人・一般の方の見学は、原則として受け入れを行っておりません。予めご連絡を頂いても、立ち会いによる対応はお受けできませんので、ご了承願います。
施設が公園に面しているということもあり、公園側からフェンス越しに見ていただくことは可能かと思われます。また、常駐ではありませんが、農作業・施設管理のため職員が現地にいる場合、声をかけて頂ければ、業務に支障がない範囲内で対応可能です。
ご理解いただきますよう宜しくお願いいたします。